« 夏カゼ | トップページ | ほぼ日手帳2008年版 »

2007年9月 8日 (土)

サラサクリップ0.4

ゼブラ(ZEBRA)のサラサクリップ(SARASA CLIP)です。

07090801 07090802

オフィスで一緒に働いている女性に「お薦めの文房具はなんですか?」と聞かれて,とっさに答えが浮かびませんでした。文房具といえども好みがありますから,私が好きなものをその人も好きになるとは限りません。ですから,ここでいうお薦めというのは,自分が使ってみて,その良さを確信していると言う意味です。

私が普段使っているペンは,いわゆるジェルインクのボールペンです。最近は,このサラサクリップが気に入って使っています。その名前のとおり,油性ボールペンと違ってサラサラと滑らかな書き味が得られます。

また,このペンにはバインダークリップという丈夫なクリップが付いています。厚手のものにクリップをはさめる点もさることながら,壊れにくい点が最高です。安価なボールペンの宿命として,インクを使い切る前にクリップが折れて壊れることがよくあります。インクがまだ残っていると未練があって捨てることができず,結局そのまま使うことになります。その点,このペンなら大丈夫です。

インクは水性顔料インクなので,「水性」といいながらも,しっかりとした耐水性があります。インクの乾燥も速いので,筆記した直後に蛍光マーカーでなぞっても,インクが滲むことはありません。

私が工夫している点は,ペン先の太さの選択です。通常であれば0.5ミリを使うところですが,滲みやすいジェルインクボールペンでは0.5ミリだと細かい文字がつぶれてしまいます。そこで私は0.4ミリを使用しています。これなら細かい文字も問題なく書けますし,ペン先の紙に対する引っかかりも許容範囲内です。

インク色の選択にも少し凝っています。私がメインで使うのはブラックではなく,万年筆の世界ではメジャーなブルーブラックです。これに,赤と青をプラスして3色を主に使っています。

〔買い物リスト〕

  • ZEBRA サラサクリップ(SARASA CLIP) 0.4     ¥105
    ボール径 0.4mm
    インク 水性顔料

|

« 夏カゼ | トップページ | ほぼ日手帳2008年版 »

コメント

HSDさん、夏風邪から回復されたんですね。 良かった良かった。お互い気をつけましょう。
さて、SARASA Clipですが私は最近黒・赤・青を試験的に購入してみました。HSDさんと同じ理由で0.4mmをチョイスしています。
元々は熱狂的にPILOTが好きで、今でもG2やG-Knockがメインなのですが最近そちこちのBlogでHI-TEC-CとこのSARASAの評価が高いので試したくなった次第です。HI-TEC-Cは苦手なニードルポイントである事と、キャップの付け外しが非常に手間に感じる(&キャップが無くなりそうな強迫観念・笑)から次は買わないと思いました。今はHI-TEC-Cを重点的にレビュー中なのでSARASAはまだ殆ど使っていないのですが、やはり私個人としてはBPはノック式が一番しっくり来ます。
(HI-TEC-C Coletoも4色BPとして使っていますが、こちらはリフィルが細くてインクの減りが早すぎ・・・)
ただ、黒・赤・青の色を比較した感じでは「黒は黒!」とハッキリしているPILOTの方がやはり好きですね。 これが理由でメインの筆記具を油性からゲルに変えた位ですので。SARASAの青も純粋な青ではなく、万年筆のRoyal Blueの様な印象があります。
あとは本格的にSARASAをレビューして、巷で噂の「サラサラ」な書き味を担当してみたいところです。
PILOTのリフィルははボールか受け側の精度に問題があるのか、ゴロゴロ感のあるリフィルに当たることがあるんですよねぇ。
(当たり外れの確率で言うと、黒の確率が高いように感じます)
SARASAがどの程度サラサラなのか興味津々です。

投稿: MOMO | 2007年9月10日 (月) 13時08分

MOMOさん
コメントありがとうございます。HI-TEC-Cは,インクの詰まりとインクの出が悪くなる点が気になります。ですから,私は三菱のシグノRT0.38を愛用していました。ところが,シグノRTは,クリップがすぐに壊れてしまいます。そこで行き着いたのが,サラサです。インクの乾燥が速く,筆記する紙にもよりますが,筆記直後にマーカーで上書きしても,ほとんど滲むことがありません。

投稿: HSD by Technica | 2007年9月10日 (月) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏カゼ | トップページ | ほぼ日手帳2008年版 »