« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

無印良品 インデックス付箋紙

無印良品の再生紙・インデックス付箋紙です。

07072901 07072902

最近,フセン紙をインデックス代わりに使うことがマイブームになっています。そんな時に,偶然にも無印良品でこのフセン紙に出会いました。

フセン紙をインデックスの代わりに使うのは,メジャーな使い方なのでしょうか。無印良品もこの点に目を付けたようです。このフセン紙は,インデックスのタブの形をしているので,インデックスとして使うのにピッタリです。

貼ってはがせるのりが付いているのは,インデックスとして紙に貼り付ける側です。角を落とした端の部分には,のりは付いていません。

カラフルな4色のバリエーションがセットになっていますので,インデックスタブをカラーで分類して使えます。

書類をファイリングする上で大切なのは,インデックスタブをつけることです。インデックスタブを付けることによって,検索性が飛躍的に向上します(※これも一種の「見える化」です)

ところが,この作業がなかなか面倒です。非定型の作業の場合,分類を決めるのに悩んで,ついついインデックスを後回しにしてしまいます。

そこで,フセン紙をインデックスに使えば,とりあえず暫定のインデックスを即座につけることができます。ちょっとしたことですが,簡単にできることが書類整理では一番重要です。

〔買い物リスト〕

  • 無印良品 再生紙・インデックス付箋紙     ¥263
    4色・各100枚
    (MADE IN JAPAN)

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

無印良品 夏の買い物

関西も梅雨明けを迎え,いよいよ夏本番です。そこで,無印に行って色々と買い込んできました。

07072801 07072802 07072803 07072804 07072805

まずは,暑さ対策の汗ふきシートです。外出先で汗をかいたときも,これでひとふきすればクールダウンできます。

つづいて,メガネふきです。私はメガネをかけていませんので,このシートはメガネに使う訳ではありません。実は,時計や貴金属などのデリケートなものを磨くのに最適なのです。私はもっぱらペンなどの文房具を掃除するのに使っています。メガネレンズに使ってもキズが付かない軟らかい不織布なので,どんなものでも安心して使うことができます。

その他,折りたたみミラーと洋服クリーナーです。無印と言えばシンプルなデザインがトレードマークですが,これはホワイト一色のデザインになっています。単品ではインパクトがありませんが,数が揃うと統一感が生まれ,インパクトが出てきます。

最後は,PP製の携帯ケースです。説明では応急絆・綿棒用となっていますが,私は一目見てすぐに別のものを連想しました。それは,フセンです。スタンダードサイズのフセン(75x25)がピッタリ収まります。また,見出し用サイズのフセン(50x15)であれば,2個並べて入れることができます。以前からフセンを持ち歩くのに手頃なケースがないかと考えていたので,これは大発見です。

〔買い物リスト〕 無印良品

  • 汗ふきシート     ¥95
  • メガネふき      ¥84
  • 折りたたみミラー  ¥263
  • 洋服クリーナー   ¥280
  • PP製携帯ケース(応急絆・綿棒入れタイプ) ¥100

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

ニーモシネ イマジネーション

マルマン(maruman)のニーモシネ・イマジネーション(MNEMOSYNE IMAGINATION)です。

07072201 07072202 07072203 07072204 07072205

マルマンのニーモシネシリーズは,以前から欲しいと思っていました。ところが,最大でB5サイズまでしかなかく,私の欲しいA4サイズがありませんでした。だから,もしA4サイズが発売されたら購入しようと思っていましたが,半ば諦めていました。

ところが,最近になってイマジネーションという新しいシリーズが発売になりました。これは,A4サイズでしかも私の好きな方眼罫線になっています。また,グリーンの薄い罫線は筆記の邪魔になりません。

イマジネーションという名前のとおり,横書きにしてアイディアを書くことを想定したつくりになっています。リング側の端には,横書きのタイトル欄と日付欄があります。また,2穴パンチ用の目印となる中心線が表示されています。

私は,横書きにして使うつもりはないのですが,タイトル欄や日付欄は,パンチ穴を穿孔してファイルすると見えなくなるマージンの部分なので,縦書きで使う上でもじゃまになりません。

罫線は,シートの片面だけに印刷してあるので,普通のノートのように見開きにして使う用途には向きません。私の場合は,ノートは見開きの右半面しか使わないので,これも何の問題もありません(※ リングノートは,見開きの左半分を使用する時にリングが筆記の邪魔になります。ところが,右半面だけを使うことにすればこの問題は解決されます。しかも,後でノートを見返す際に,情報を探しやすいという二つのメリットがあります)

シートには,マイクロカット加工の切り取り用のミシン目が付いています。国産製品にしては珍しく,ミシン目で切り取った紙の寸法がA4サイズになります(※ パンチ穴は穿孔されていません)。ルーズリーフで有名なマルマンだけあって,質の高い紙が使われています。

耐久性のあるPP製の表紙は,黒一色のシックなデザインになっています。そのままで,違和感なくオフィスで使用できます。残念なのは,裏表紙がただのの厚紙になっていることです。厚紙のおかげで,立った状態でも筆記できるようになっていますが,デザイン的にはいただけません。できれば,裏表紙は,厚紙にPP製の裏表紙を加えて欲しいものです。

発売されてから,しばらくの間は近所に取り扱っている店がなく,手に入らなかったのですが,最近は手に入るようになってきました。インターネットの通信販売でも購入できるようです。国産製なので,長期的にも安定して入手できると思います。

〔買い物リスト〕

  • maruman MNEMOSYNE IMAGINATION     ¥840
    A4サイズ,70枚,特殊5mm方眼罫
    PP表紙,ツインワイヤ
    切り取りミシン目入り(切り取り後,A4正寸)
    (made in Japan)

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

「暗号解読」

サイモン・シン著 「暗号解読」を読みました。

久しぶりにおもしろいノンフィクション小説を読みました。

この本は,「超手帳法」の中で紹介されている本で,以前から読んでみたいと思っていました。ところが,新刊本は高い上に,内容のレベルがよく分からなかったので,これまで手が出ませんでした。

電車の乗り継ぎ時間に行きつけの書店をのぞいていると,読みたかった「暗号解読」が文庫版になって販売されていたので,上下巻を同時に購入しました。

実際に読んでみると,ストーリー展開がテンポよく,すぐに読みきることができました。また,高度な技術的内容を分かりやすく解説しているので,単なる娯楽ではなく,教養書としても十分役に立つ内容でした。

中でも,ドイツが使用した暗号機の「エニグマ」と,それを解読するイギリス側の攻防は,スリリングで,とてもおもしろい内容になっています。また,初めから暗号の歴史をたどることで,後半に出てくる公開暗号鍵が考案された背景を理解することができました。

技術系のノンフィクション小説が好きな方にお薦めの一冊です。

〔参考データ〕

  • サイモン・シン 「暗号解読(上)/(下)」     ¥590/629(税別)
    新潮文庫 2007/7/1

| | コメント (3)

2007年7月16日 (月)

アピカ オフィシャルノートブック

アピカのオフィシャルノートブックです。

07071501 07071502 07071503 07071504 07071505

何十年ぶりで大学ノートを買いました。普段は,リングノート一筋で綴じノートを買うことなどない私ですが,このノートにはしてやられました。しかも,普通の大学ノートを買うことは,本当に珍しいことです。

このノートに注目したのは,その表紙です。大学ノートといえば,あまり派手な表紙はあり得ません。当然のことながら,ごく平凡なデザインの表紙となります。それはそれで意味があるのですが,私にはもう一つもの足りませんでした。

しかし,このノートは平凡な中にも普通の大学ノートにはないシンプルなデザイン性を感じました。しかも,用紙には高品質な用紙が特徴のアピカらしく,王子製紙製の表面がさらさらで,真っ白な中性紙が使われています(※些細なことですが,保存性の良い中性紙であることを明確に表示している点も安心です)

最近は,エコブームでノートの用紙にも再生紙を使ったものが出てきました。国内メーカのノートは再生紙でも全くクオリティの問題はありませんが,用紙の白さだけは通常のものと差が出てしまいます。

真っ白な紙は目が疲れるので,ある程度色が付いた紙も好きですが,大学ノートだけは眩しいほどの真っ白に書き込みたいという欲求があります。アピカのオフィシャルシリーズは,植林木使用紙を使うことで,エコと真っ白な紙の両立を達成しています。また,印刷には環境にやさしい大豆インクが使用されています。

これならば,安心して真っ白な大学ノートを使うことができます。

〔買い物リスト〕

  • アピカ オフィシャルノートブック     ¥336
    A4,糸綴じ,6mm 41行,40枚
    品番:1B4F
    (made in Japan)

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

プロジェクトリングノートA5

オキナのプロジェクトリングノート(Project Paper Ring Notebok)A5です。

07071401 07071402

このノートは,A4サイズのものを以前に紹介したことがあります(Ref. 2005-11/30記事)。最近,このノートが当ブログのコメントで話題になったので,放り込んでいたA5サイズを引っ張り出してきました。このノートは,大きな文具店でないと販売していないので,知る人ぞ知る,隠れた名品のようです。ただし,最近はインターネット上の通信販売でA4,B5サイズのものが購入できるようです。

基本的な仕様としては,5ミリ方眼罫線のリングノートで,私が昔から使っているライフのクリッパークラスとほぼ同じ仕様になっています。しっかりとした厚みの紙が使われていて,筆記もとても滑らかです。罫線は筆記した後で目立たない薄い水色になっています。薄い水色は,コピーにも移りにくい色になっています。

最大の特徴は,マイクロカット加工のミシン目が付いていることです。しかも,日本製のノートにはめずらしく,ミシン目で切り離したシートが丁度A5サイズになります。

とにかく,シートを切り離してファイリングしたり,コピーをとって整理したりする用途にピッタリのノートです。

〔買い物リスト〕

  • オキナ プロジェクトリングノート     ¥367
    サイズ: A5(ミシン目で切り取ってA5サイズ)
    罫線: 5mm 方眼,薄い水色
    シート: 50枚,ミシン目(マイクロカット加工)付
    品番: PNA5S

| | コメント (2)

2007年7月 8日 (日)

ライフ A5リングノート方眼

ライフ(LIFE)のクリッパークラス(CLIPPER CLASS) A5方眼ノートです。

07070801 07070802 07070803 07070804

ライフのこの方眼ノートは,大学生のころから使っているお気に入りのノートです。普通のお店ではなかなか手に入らないノートですが,たまたま学生時代にアルバイト先の近くのお店で手に入れてから,ずっとこのノートを使っています。

今から思い返してみると,方眼罫線のノートを使い始めたのはこのノートがきっかけでした。それまでは,ごく普通の横罫線の大学ノートを使っていました。ただし,子供の頃からリングノートは好きだったようです。

このライフのノートは紙質がとても良く,鉛筆でもボールペンでも滑らかに筆記することができます。腰のあるしっかりとした厚みのある紙で,裏写りもほとんどありません。

紙質の良さに加えて特筆すべきは,シンプルな方眼罫線です。一切の余分なものを排除し,マージンなしの方眼罫線で構成されたページは,自由に使うことができます。罫線は非常に薄い薄いグレーなので,図を描いたりしても全くじゃまになりません。この方眼罫線には,横罫線はもちろん無地とも違う自由度があります。

自宅の書斎では学生時代からずっと使っているA4サイズのライフのノートを使っています。最近では,通勤電車の中で読み返せるようにA5サイズのノートを英語の勉強用に使っています。

勉強用のノートは,書くだけではなく,何度も読み返すことが大事のようです。その点,A5サイズで折り返せるリングノートは,持ち歩いてもじゃまにならないので便利です。

日本製品の品質の高さを教えてくれるすばらしいノートです。

〔買い物リスト〕

  • LIFE CLIPPER CLASS PAPER NOTE A5 SECTION     ¥368
    DOUBLE RING, A5, 50 SHEETS, SECTION 5X5 mm
    Made in Japan

| | コメント (4)

2007年7月 7日 (土)

セプトクルール A5ノート

マルマンのセプトクルール(sept couleur)A5ノートです。

07070705 07070702 07070703 07070704

このノートは,かなり以前から使っています。きっかけは,職場の先輩が使っているのを見て良さそうだと思ったことです。その先輩から購入場所を聞いて,同じものを購入しました(※その後,ミケリウスのDCKカラーズ・ノートブックを見つけたので,この時のノートは途中まで使ったままで,オフィスのデスクの上に放置しています)

丈夫なPP製の表紙は,普段の持ち歩き用として使うのに最適です。虹を意味する言葉を製品名にしているだけあって,表紙のカラーバリエーションが豊富。好きな色を選ぶことができます。

ダブルリングとじになっているので,とてもスムースにページをめくることができます。折り返して使えば筆記の場所を節約できますので,打ち合わせの席上などでも大活躍します。また,シート数が80枚と多いので1冊でたっぷり書くことができます。

ファイリング用の綴じ穴はありませんが,シートを切り取るためのミシン目が付いています。このミシン目は,いわゆるマイクロカットになっているので,シートをきれいに切り取ることができます。ただし,切り取ると紙のサイズが幅の小さい規格外のものになってしまいます。従って,シートを切り取ってファイリングする用途には不向きです。切り取った紙片は,一時的なメモとして使う用途が一般的です。

ルーズリーフで有名なマルマンの製品らしく,中紙には1平方メートルあたり75gの厚みのある高品質な紙が使われています。罫線は一般的な横罫線で,DATEやNo.などの表示が一切ないシンプルな構成になっています。

私が,このノートを購入した当時は,A5とB5サイズしかありませんでしたが,最近はA4他のサイズも追加されています。

〔買い物リスト〕

  • マルマン セプトクルール(sept couleur)A5ノート     ¥315
    ツインワイヤとじ
    75g/m2 80枚
    切り取りミシン目入り
    7mm罫×26行

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日)

ツァイトベクター メモパッドケース

レイメイ藤井のツァイトベクター(zeitVektor)メモパッドケース(横型, 両開き用)です。

07070101 07070102

普段持ち歩いているロディア(RHODIA) No.11に無印良品のカバーをつけて使っています。ところが,無印良品のカバーは埃が表面に付着して,すぐに汚れが目立つようになりました。

そこで,代わりになる手頃なカバーを探していたところ,このメモパッドケースを見つけました。縦型にするか,それとも横型にするか,最後まで悩みましたが,とりあえず安価な横型を買って使ってみることにしました。

このカバーには,柔らかな手触りのよい合成皮革が使われています。手にした時の質感は,申し分ありません。カラーは,シンプルなブラックが欲しかったのですが,パステルカラーしかラインアップになかったので,逆にカバンの中でもよく目立つオレンジ色にしました。

ペンホルダーは付いていませんが,真ん中にペンを差し込んで使うことができます。内側にポケットがありますので,切り離したメモを一時的に保管することができます。

こういうものを身の回りに一つ持っているだけで,とても贅沢な気分になります。

〔買い物リスト〕

  • レイメイ藤井 zeitVektor メモパッドケース  ¥1,890
    横型, 両開き用, オレンジ(ZVP182 D)
    W95xH115xD18mm, 合成皮革(イタリア製)
    ミシン目付メモ用紙(5mm方眼80枚)付属
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »