« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/30

ハロッズ A5ジャーナル

ハロッズ(Harrods)のA5ジャーナルです。

07063001 07063002 07063003 07063004

これは,先日海外出張へ行った際,飛行機の乗り継ぎ地であるロンドン・ヒースロー空港でお土産として購入したものです。

私は,ヒースロー空港に立ち寄った際は,必ず空港内にあるハロッズに立ち寄ってお土産を購入します。ハロッズといえば紅茶が有名ですが,紅茶以外にも洒落たデザインのブランド小物が色々と購入できます。

ハロッズの小物は,デザインが洗練されたものから,かわいらしいものまで,各種揃っています。また,バッグ類など同じデザインでサイズ違いが揃っているのも便利なところです。

今回は,ロゴの入ったノートを買ってみました。リングノートで,リング部分をカバーするように表紙がついた珍しいデザインのノートです。これならば,カバンの中に入れて持ち歩いてもリングの部分がじゃまになりません。

中紙は,シンプルな横罫線ですが無駄なものが一切ないので用途を選ばずに使うことができます。余計なものがないシンプルなデザインの良さをよく分かっているようです。

家族のお土産用には,オリジナルブランドの紅茶を一缶買って帰りました。香のよい紅茶を楽しみながら,おしゃべりをする優雅な時間を楽しみたいものです。

〔買い物リスト〕

  • Harrods Logo A5 Journal Lined     P8.45
    W Ring Note, A5 size, Lined
    Made in China

| | コメント (0)

2007/06/24

STATIONERY magazine No.003

ステーショナリーマガジンNo.003です。

07062401

このシリーズは,No.001から購入していますが,これで三冊目になりました。

今回は,「毎日使う美しい文房具980選」ということで,灰皿やルーペにまで範囲を広げ,様々なものが掲載されています。表紙には,各アイテムの写真が凸型に飛び出した仕掛けになっています。

私が興味をもったのは,ノートと革カバーについて紹介した記事です。上質な日本製のノートに,革カバーをつけて使う。とても贅沢だと思います。また,紹介されているCDTのA5横罫線ノートが欲しくなりました。

〔参考データ〕

  • STATIONERY magazine No.003     ¥1300+TAX
    エイムック1378 エイ出版 2007/3

| | コメント (0)

2007/06/23

Rollbahn スリムサイズメモ

ロルバーンのスリムサイズメモです。

07062201 07062202 07062203

久しぶりにロルバーンを買いました。これは,最近ラインアップに追加されたスリムサイズのメモです。これまでのラインアップは,S,M,Lの3サイズでした。これに追加されたのが縦長のスリムサイズです。

リングが少しじゃまになりますが,ちょうどポケットに入るサイズです。Sサイズより少し大きいので,持ち歩いて使うのに便利です。サイズ以外の仕様は他と同じで,便利なクリアポケットがページの最後についています。

中のページは全面が方眼罫線になっていて,切り離しのためのミシン目も付いています。ただし,このミシン目はピッチが大きいので,定規などを使わないと,うまく切り離しができません。したがって,切り離して使う用途にはあまり向いていません。

私はロルバーンを趣味のノートとして使っています。出かける時も,いつも持ち歩いています。お店で見つけたニューアイテムや,気がついたこと,ちょっとしたアイディアなど,何でも書き込んでいます。

表紙のカラーバリエーションが豊富なので,次はどの色のノートを使おうかと考えるのが楽しくなります。

〔買い物リスト〕

  • Delfonics Rollbahn Slim Memo     ¥336
    Color YE/PU
    Made in Japan

| | コメント (0)

2007/06/17

アイルランドへ

出張でアイルランドへ行ってきました。

もちろん,アイルランドへは初めて行きました。梅雨の季節のためか,わずか3日間の滞在でしたが,ずっと雨ばかりの天気でした。6月だというのに気温は16℃程度で,肌寒い毎日でした。緯度が高いので,夜の8時になっても周囲は明るく,朝も6時前から明るくなります。

首都ダブリンの周辺に宿泊したのですが,日本のように建物が密集していませんでした。街の周囲は緑が一杯で,とても景色のいいところです。空港からホテルまでの途中の道には,なんと牛を放牧している牧場までありました。

おもしろかったのは,日本と同じく道路が左側通行になっていることです。また,四つ角の交差点はほとんどなく,分岐点では道がロータリーになっていました。

とにかく物価が高いので,あまり贅沢はできません。それでも,有名なギネスビール(黒ビール)をホテルのバーで飲んでみると,濃厚な泡が何とも言えない味でした。

アイルランドは,数々の天才を輩出した国ですが,ヨーロッパの歴史と洗練された文化を感じた国でした。

| | コメント (0)

2007/06/10

ツールボックスという発想

「**のツールボックス」というタイトルの本を見つけました。

完璧な情報ではありませんが,とりあえず要点のみ記載してあって,すぐに使えるように考えられた本です。いわゆるハンドブックと同じような発想の本です。

うわべだけのハウツー(How to)だけを並べた本を馬鹿にする人がいますが,ビジネスの場では,とにかく最短距離で結果を出す必要に迫られます。したがって,深い論理の議論は後回しにして,とにかく使える資料というものが重宝します。いかにすばらしい内容でも実践で使えなければ意味がありません。

一方,断片的な知識だけでは,上辺だけの人間になってしまいます。従って,自己啓発が必要になるのです。普段のビジネスでは獲得できない総合的な知識は,自己啓発で蓄積するしかありません。

ツールボックス的な発想の資料は,使うのと作るのでは大きな違いがあります。使うのは非常に簡単ですが,それを作るには深い理解が必要です。もちろん,経験に裏打ちされたものでなければ,使える資料にはなりません。

| | コメント (0)

2007/06/09

EDC 4穴バインダー

エトランジェ・ディ・コスタリカ(EDC)のA4・4穴バインダーです。

07060901 07060902 07060903 07060904 07060905

家族と一緒にふらりと出かけたショッピングセンター。何かおもしろい物はないかと,ぶらぶらしている時に,このEDCの4穴バインダーが目にとまりました。この4穴バインダーは以前から欲しいと思っていたので,衝動買いしてしまいました。

日本では珍しいA4の4穴式バインダーで,表紙はレザー合紙になっています。手触りがよく,見た目も高級感のあるバインダーで,オフィスよりもプライベートで使うのにぴったりの雰囲気を持っています。

綴じ金具は,16ミリのOリングタイプになっています。金具上下のレバーでそれぞれ2つのリングを開閉するようになっています。レバーの飛び出しが少ないので,綴じた紙をスムースにめくることができます。

私が4穴をプライベートのファイリングに取り入れようとバインダーを探し始めた時,このバインダーは1番に候補にあがりました。しかし,背幅が25ミリと小さいので,大量にファイルするには向かないと考えて,最終的に別のファイルを採用しました。

このバインダーは,飾りのない単色のシンプルなデザインで,カラーバリエーションも豊富にあります。スリムサイズなので,普段使いとして持ち歩くにはちょうどよいバインダです。

〔買い物リスト〕

  • etranger di costarica co. A4 4 HOLES BINDER     ¥945
    SIZE: 255Wx25Dx315H, A4
    COLOR: BLUE
    RING: 16 mm
    4 HOLES 80mm FILE

| | コメント (2)

2007/06/03

サンスター スタンド付ルーペPRO

サンスター(sun-star) スタンド付ルーペPROです。

07060301 07060302 07060303 07060304 

サンスターは,おもしろい会社ですね。こんなものまで製造しています。一見すると普通のルーペですが,柄の部分に仕掛けがしてあります。

ルーペを使いながら何かの作業をすることはよくあります。そんな時にルーペを固定できると何かと便利です。このルーペは,柄の部分がスタンドに変形する構造になっています。台座となる部分は,ルーペの円周にそった形になっていますので,折りたためば全く違和感なく使えます。

使って見れば分かるのですが,この台座の部分が意外にしっかりしているので,安定してルーペを支えることができます。また,折りたたむとコンパクトになるので,収納時に場所をとりません。

レンズの大きさが選べるようになっていますので,用途に応じて最適なものを購入できます。よく考えられた製品だと思います。

〔買い物リスト〕

  • サンスター スタンド付ルーペPRO 75mm     ¥1200
    倍率 2.0倍
    Made in Japan

| | コメント (0)

2007/06/02

アピカ フィグラーレ ノートブック

アピカのフィグラーレ・A5ノートブックです。

07060201 07060202 07060203 07060204 07060205

アピカのノートは紙質が良さそうなので,いつか使って見たいと思っていました。DIMEという雑誌で,フィグラーレ(figurare)という新作が出ることを知ってから,発売されたら買おうと思っていました。

単色で飾りのないシンプルな表紙がカッコいいノートです。いわゆるツインリング綴じのノートブックで,スムースにページをめくることができます。中は7ミリ幅の横罫線になっています。ちょっと変わっている点は,左端から40ミリぐらいのところ縦線が引かれていることです。ちょうど,リーガルパッドのようなフォーマットになっています。

最近の私は,このフォーマットがとても気に入っています。それまでは,縦線で引かれた部分の使い方がよく分かりませんでしたが,最近は項目番号や項目の見出しなどを書くようにしています。こうすれば,後で内容を見返す時にとても便利です。

また,ノートを書いた後で,補足したい場合や本文の関連情報を書きたい時もこの欄に記載しておきます。本文と補足事項が明確に分かれるので,ノートの内容がすっきりと整理されます。

たかが一本の縦線ですが,これによってノートブックの使い勝手が飛躍的に向上します。そういえば,学生の頃に大学ノートの端に同じような縦線を引いて使っている人がいました。知っているには,当たり前のノートの使い方なのかもしれません。

〔買い物リスト〕

  • アピカ figurare ツインリングノートブック     ¥420
    サイズ A5(210×148mm)
    罫線 A罫 7mm×25行
    枚数 80枚
    (Made in Japan)

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »