« マルマン giuris ファイルノート | トップページ | リヒト クリップボード »

2006年11月26日 (日)

ASHFORD カラーインデックス

アッシュフォードのカラーインデックスです。

06112601 06112602 06112603

資料ファイリングの生産性を簡単に,しかも飛躍的に高める簡単な方法は,ファイルにインデックスを入れることです。ここでいうインデックスは,いわゆる索引のことではなく,タブまたはデバイダーと呼ばれる紙を仕切るためのものです。

インデックスを使う上でコツとなるのは,何も資料をファイルしていない最初の時点でインデックスを入れておくことです。

やみくもに資料をファイルに入れて,ある程度の厚みになったらインデックスを入れることがよくあります。ただし,これでは整理が二度手間になってしまいます。これを防止するには,ファイルを新規に作成した時点でインデックスをあらかじめ挿入しておきます。

また,最初にインデックスを入れるには分類項目をあらかじめ決めておく必要があります。これは後で変更してもよいので,暫定的にとにかく分類を決めることが大事です。

最近BindexのA5サイズシステム手帳を手に入れたのですが,インデックスを買い忘れていました。そこで買ってきたのがこの製品です。紙製のものは内容を鉛筆で書き込める点が便利ですが,長期的に使用すると,よく使うタブの部分が破れやすくなります。

そこで,PP製のものを探してみると,この製品にたどり着きました。タブの数は6段で,それぞれ色が違うカラフルなタブになっています。

私の経験では,タブの段数は5段か6段が一番使いやすいようです。これより多い段数のものもありますが,カタログなどファイリングするものが最初に決まっている場合以外は,かえって使いにくいようです。

このインデックスを手に入れて,本格的にA5サイズのシステム手帳を使いはじめる準備が整いました。

〔買い物リスト〕

  • ASHFORD カラーインデックス(サイド6段)    ¥578
    PP製
    (Made in Japan)

|

« マルマン giuris ファイルノート | トップページ | リヒト クリップボード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルマン giuris ファイルノート | トップページ | リヒト クリップボード »