« fILOFAX LOGIC Conference Folder | トップページ | 知的生産ツールとしてのノート »

2006/09/13

RHODIA No. 119 Lined White

ロディアのNo.119,横罫線,ホワイトです。

06091301 06091302 06091303 06091304

以前,米国で使われているリーガルパッドと類似の仕様のロディアということで,横罫線で,紙の色がYellowのものを紹介しました(c.f. 2006-8/27記事)。これは,同じ横罫線で紙の色が通常の白いタイプのものです。

このロディアは,東急ハンズで見つけました。横罫線でファイル用の4穴が穿孔済みのタイプです。他に,通常の5ミリ方眼罫線で,同様に4穴が穿孔済みのNo.20がありました。ロディアと言えば,最近ではすっかりメジャーになって,近所の文房具店でも購入できるようになりました。しかし,今回見つけた二つのタイプは,いずれも始めて見ました。

今まで気がつかなかっただけだろうと思い,家に帰ってから,よく利用するインターネットのショップをチェックしましたが,やはりNo.20は扱っていないようでした。ロディアは,裏表紙に製品のラインアップ一覧が記載されています。それをよく見ると,4穴穿孔済みのタイプでも,かなりの種類があることが分かりました。

切り離してA4になるNo.19のロディアは,単なるメモ用紙の域を超えています。立派なレポート用紙としても十分使えます。1平方メートルあたり80gのしっかりとした厚みのある紙が使われていますので,長期保存用の紙としても申し分ありません。もちろん書き味も抜群です。A4サイズのものは,千円近くもしますが,他に類を見ない納得のいく製品です。

〔買い物リスト〕

RHODIA No.119 Lined      ¥1,050
4 Holes Punched Pads, White
80 sheets, 80 gsm
(made in France)

|

« fILOFAX LOGIC Conference Folder | トップページ | 知的生産ツールとしてのノート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« fILOFAX LOGIC Conference Folder | トップページ | 知的生産ツールとしてのノート »