« ほぼ日手帳2007年版 | トップページ | RHODIA No. 119 Lined White »

2006/09/10

fILOFAX LOGIC Conference Folder

ファイロファックスのロジック・カンファレンスホルダーです。

06091001 06091002 06091004 06091005

これは,会議などに出席する際に,資料と一緒に持っていくメモ用紙(通常レポートパッドまたはノートパッド)をはさんでおくためのホルダーです。米国では,レポートパッドとして,リーガルパッドがよく使われますので,リーガルパッドホルダーと呼ばれているようです。

レポートパッドホルダーは,便利であることはもちろんですが,何よりその格好のよさに惹かれます。私は,伊藤屋オリジナルのリーガルパッドホルダーを2種類も持ってますが,それでもヨーロッパの製品でもっといい物はないかと探していました。

9月に入って手帳シーズだからでしょうか,行き付けの文具店に行ってみると,店舗入り口付近にファイロファックスの製品を大量に展示していました。ファイロファックスは,イギリスのメーカーで,システム手帳が有名です。その店では,システム手帳の他にカバンなども展示していました。そんな中に,このレポートパッドホルダーを見つけました。

手にとって触って見ると,革製ではなくザラッとした感触のPVCでできた製品でした。中には,カードなどを入れるホルダーがたくさん付いています(※ ヨーロッパの製品には,このカードホルダーが必ずついています)。システム手帳のように,ストラップの部分には,ペンホルダーが付いています。このペンホルダーは,ゴムの帯でできていて,ペンの太さに応じて伸び縮みします。ホックのついたストラップは,ペンホルダーを覆うようについています。実は,このペンホルダを覆うストラップ自体が,ペンの太さにあわせて伸び縮みするようになっていて,とても凝ったつくりになっています。

私が,このホルダーを買おうと決めたのは,その軽さです。今使っているリーガルパッドホルダーは,外出時に持ち歩くには少し重いという欠点がありました。ましてや,少しでも荷物を軽くしたい海外出張では,「軽い」ということは,携行品としての絶対条件です。この製品なら持ち歩いてアクティブに使えます。

以前,ドイツへ出張した時に,会議の席で相手側の議長が,レポートパッドホルダーを使っていました。会議が終わるとパタンとホルダーを閉じて仕事は終わりです(※ その方は,ジッパー式のホルダーをお使いでした)。カバンなど持たずに,ホルダーを片手にそのまま帰る雰囲気で,とてもスマートに見えました。

〔買い物リスト〕

  • fILOFAX LOGIC Conference Folder    ¥8,400
    W258mm X H320mm, Black
    External Pocket, Extendable Starp
    A4 Notepad, Pen Loops
    (made in UK)

|

« ほぼ日手帳2007年版 | トップページ | RHODIA No. 119 Lined White »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほぼ日手帳2007年版 | トップページ | RHODIA No. 119 Lined White »