« トンボ PFit | トップページ | 文房具・廃盤との戦い »

2006年8月15日 (火)

AMBAR simple colours

アンバー・シンプルカラーズ・ノートブックです。

06081501 06081502 06081503 06081504

会社のお盆休みを利用して,大阪へ買い物に出かけました。今回は,心斎橋を中心に回りました。一軒目に行った心斎橋そごうの丸善で,珍しいポルトガルのメーカの文房具を見つけました。それが,アンバーのシンプル・カラーズシリーズです。

スペインメーカのミケルリウスもそうですが,ヨーロッパメーカの文房具は,ラテン系のカラフルな色使いのデザインが特徴的です。このシンプル・カラーズシリーズも,表紙と裏表紙でツートンカラーになっていて,凝った装飾がなくても,とても印象に残るデザインになっています(※ 日本人にはこのようなデザインの発想は無理ではないでしょうか。シンプルという言葉には,別の解釈もあることを教えられた気がします)

リングノートは,A4,A5,A6の三種類がそろっていました。ところが,A5サイズのノートは6穴対応のタイプになっていましたので,残念ながら購入検討対象から除外しました(※ 私は,この6穴対応のノートが,好きになれません。どうしても,間隔の不ぞろいな穴が気になるのです)。通常ノートを購入する際には,予備のことを考えて一度に2冊ずつ購入していますが,今回は,最終的にA4サイズを1冊とA6サイズを2冊購入しました。

A4サイズのノートは,7mmの横罫線で左右にマージン用の縦罫線が付いた,おもしろいフォーマットになっています。一見するとアメリカで一般的に使われているリーガルパッドと似ています。4穴加工済み,かつマイクロカット加工のミシン目がついていますので,記入済みのシートを切り離して,手軽にファイルに綴じることができます。シート枚数が,前頁で120枚もありますので,手に持った際にどっしりとした手ごたえがあります。

A6サイズのノートも,通常の横罫線ですが,タイトル欄がこれまでに見たことのない独特のフォーマットになっています。このタイトル欄は,ページの片面だけについていて,裏側は紙面いっぱいに横罫線が印刷されています。日付とタイトルを書くのにちょうど良いフォーマットだと思います。なお,A6サイズのノートには,A4サイズと違って,シートを切り離すためのミシン目は付いていません。

方眼罫線に陶酔している私ですが,このノートに出会って横罫線のおもしろさを再認識しました。

〔買い物リスト〕

  • AMBAR simple colours
    シングルワイヤ,7mm横罫・左右マージン付き,A4   ¥1,050
    ダブルワイヤ,7mm横罫・タイル欄(片面)付き,A6  ¥630
    (made in Portugal)

|

« トンボ PFit | トップページ | 文房具・廃盤との戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンボ PFit | トップページ | 文房具・廃盤との戦い »