« PILOT HI-TEC-C SLIMS03 | トップページ | ペンホルダー付きゴムバンド »

2006/06/29

赤と青の使い分けの考察

最近オフィスで使うペンの構成は大体,次のとおりです。

  • メカニカルペンシル(MP)0.5ミリ
  • 油性ボールペン(BP)0.7ミリ 青
  • 油性ボールペン(BP)0.7ミリ 赤
  • 蛍光ペン 黄色
  • 水性サインペン 赤

油性BPは,三菱のパワータンク(ノック式)を使っています。これは,加圧式のインクレフィルになっていて,油性BPながら一切の「かすれ」がありません。油性BPの「かすれ」が大嫌いな私は,このペンをとても気に入っています。かすれがあると,まずそこで思考が中断します。①試し書きをする雑用紙を探す。②何度か試し書きをする。③これで,やっと本来の筆記が可能になります。この無駄作業が許せないのです。

次に,赤と青のBPの使い分けです。オフィスで使っているスケジュール帳(A5サイズ,見開き1週間)に予定などを記入する時に使い分けています。

  • 青: 予定を記入,TODOを記入。
  • 赤: 実績を記入。TODOのチェクオフと完了日の記入。

予定以外の一般的なメモや会議の際のメモも,青でスケジュール帳に記入します。この様に使い分けることで,未完了と完了の内容がスケジュール帳を開いた瞬間にすぐに識別できる様になりました。ここで大事なことは,実績を記入しておくことです。ある仕事をしたのはいつ頃のことか,後で知りたくなる機会が意外とあるのです。だから,実績を記入しておくと便利です。時間毎の詳細な行動実績は不要で,1日の内の大きなトピックを手帳を見直した際に記入しておきます。TODOは,チェックオフと同時に完了日を記入しておきます。

赤と青のBPの使い分けは,別の見方をすれば,次の様になっているようです。

  • 青: インプット系の情報
  • 赤: アウトプット系の情報

「三色ボールペン活用法」で言われている様に,もう一色(緑)を加えることで,さらに発想が豊かになるものと思われます。ところが,私の場合,どうしても緑という色が気に入らず,未だに三色を導入できていません。色分けをすることは,無駄と考える人もいる様ですが,私はカラフルなメモの方がより頭に入りやすいと感じています。

|

« PILOT HI-TEC-C SLIMS03 | トップページ | ペンホルダー付きゴムバンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PILOT HI-TEC-C SLIMS03 | トップページ | ペンホルダー付きゴムバンド »