« rotring #500 Mechanical Pencil | トップページ | rotring XONOX »

2006年1月21日 (土)

rotring #600 Mechanical Pencil

ロットリング#600 メカニカルペンシル(シャープペンシン)です。

以前,#500メカニカルペンシルを紹介しました(cf.2006-1/20の記事)。
今回は,型番が違う,#600です。

#500との違いは,使用されている材料です。こちらは,軸の部分を含めて全て金属製です(※ #500は,軸の部分がプラスティック製)。したがって,握った瞬間に,ずっしりとした重みを感じます。重みがあるといっても,持ち運びに不便を感じる様なものではなく,適度な重みと感じました。また,金属製の軸の部分は焼付け塗装の様なものが施され,表面が梨地状になっています。

#500と#600の目に付く最大の違いは,軸の部分に赤字で描かれた「rotring」のロゴがあるか無いかです。値段の高い#600には,ロゴがありません。ロットリングであることを確認するには,クリップの部分にエンボス加工されたロゴを見ます。お店の方にお話を伺うと,高級シャープペンシルになるほど,目立つロゴ表示を避けたデザインになる傾向があるとのことです。

ロットリングのシャープペンシルは,#300,#500,#600の型番があり,値段がそれぞれ2倍になっています。また,芯の太さによって,0.35mm,0.5mm,0.7mmと種類があります。一般的なのは,0.5mmですので,確認して購入することが必要です。

「書くための道具」という言葉がぴったりくるデザインです。

〔買い物リスト〕

  • ロットリング #600 メカニカルペンシル ¥2000
    (made in Germany)

 
060115-02060115-03

|

« rotring #500 Mechanical Pencil | トップページ | rotring XONOX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: rotring #600 Mechanical Pencil:

« rotring #500 Mechanical Pencil | トップページ | rotring XONOX »