« FILING 30穴の取り扱い | トップページ | rotring #600 Mechanical Pencil »

2006/01/20

rotring #500 Mechanical Pencil

ロットリング#500 メカニカルペンシル(シャープペンシン)です。

ロットリングと言えば,学生時代に工業製図の時間に使う細いペンでお世話になりました。行きつけの文房具屋で久しぶりにロットリングの製品を見たので,懐かしくなって購入しました。このシャープペンシルは,いかにもロットリングと思わせる精悍なデザインをしています。(※ 後で調べたら,以前に紹介した土橋さんの本でも紹介されていました。) 

クリップまで含め全面ブラックのボディに,アクセントとして社名の由来で有名な赤いリング(レッド・リング)がついたデザインです。無駄な飾りは一切ありません。また,机の上で転がりにくい様に,軸の部分は六角形になっています。そして,最大の特徴は,他に類を見ない,2ステップ式のペン先です。スリーブは長く,スケールにあてて線を引きやすい固定子式です。

握りの部分のローレット加工がなされ滑りにくくなっています。最近のシャープペンシルは軒並みゴム製のグリップを採用していますが,ひさしぶりに,この手のシャープペンシルを使うと新鮮味があります。軸の部分は,プラスティック製ですが,それ以外は,すべて金属が使用され,他の製品とは一味違う高級感があります。

〔買い物リスト〕

  • ロットリング #500 メカニカルペンシル  ¥1000
    (made in Germany)

060120-01

|

« FILING 30穴の取り扱い | トップページ | rotring #600 Mechanical Pencil »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: rotring #500 Mechanical Pencil:

« FILING 30穴の取り扱い | トップページ | rotring #600 Mechanical Pencil »