« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/27

まとめ買いの醍醐味

以前にも紹介したナカバヤシのインデックスノート(cf. 2005-11/14記事)です。

先輩に紹介したところ,同じものが欲しいとの要望がありました。いつもノートは二冊まとめ買いを基本としている私も,このノートはマス目でない普通の罫線ということで,前回は一冊しか購入していませんでした。

このノートは,仕様はもちろんのこと廃盤商品とは言え,1冊100円と値段の安さが魅力です。そこで,先輩の分も含めて5冊パックのまとめ買いです。

私は,まとめ買いこそ買い物の醍醐味と考えています。レジで精算する際に周囲の視線を気にしつつ,重くて大きい商品を受け取って帰ります(※ ノートと言えども,さすがに5冊となるとかなりの重量でした)。帰りの電車の車内と,家に帰ってから包みを開ける瞬間がたまりません。

〔買い物リスト〕

  • ナカバヤシ Swing Linedex Note A4 5冊パック ¥500

051126-04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/26

Maruman Laminated Tab Index 5 Columns

マルマンのラミネートタブインデックスです。

マルマンのルーズリーフのすごいところは,2穴はもちろん4穴にも対応しているところです。私は,紙のファイリングについて,4穴使用を基本としています。ところが,2穴のタブインデックスは市販されていますが,4穴のものは見当たりません。しかしながら,これまで困ったことは全くありません。ルーズリーフで使用しているインデックスタブが使えるからです。

紙製タブは,手軽に書き込みができる反面,頻繁に使用する書類に使用すると傷みがはやい問題がありました。そこで,100円均一ショップで見つけた,PPシート製の30穴のタブインデックスを使ってみようとしたのですが,30穴にしか対応していませんでした。そこで,マルマンのルーズリーフから,ラミネートタブを使用することにしました。

ラミネートタブは,紙製タブより,カラフルで分類がとても簡単にできます。これをファイルに入れるかどうかで,そのファイルの使い勝手は全く違ってきます。

〔買い物リスト〕

  • マルマン ラミネートタブインデックス 5山,A4,30穴(2穴・4穴対応) ¥158

051120-03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/25

SAKURA MICROPERM

サクラのマイクロパームです。

『文房具を楽しく使う(筆記具編)』という本に載っていたので早速買って見ました。いわゆるミリペンの油性タイプのペンです。私は,サクラのPIGMAなど,水性顔料インクのミリペンは使ったことがありましたが,油性タイプのミリペンがあることは知りませんでした。

いつもよく行く文房具屋を大小あわせて3~4件回りましたが,お目当てのペンは店頭にありませんでした。ある日,妻の買い物に付き合って行ったホームセンターの文具売り場をのぞいて見ると,袋入りでハンガーに引っ掛けて売っていました。扱いとしては,油性のサインペンになっている様です。

私は,フィルム付箋をそのままインデックス用のタブとして使っています。これまで,ゼブラのマッキー極細を使ってインデックスをフイルム付箋に書いていましたが,先の本に書いてあるとおり,フイルム付箋への書き込みには油性のミリペンを使うのが便利です。

〔買い物リスト〕

  • サクラ,マイクロパーム 0.1mm,油性,黒&赤   各¥200

051120-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/20

KOKUYO CLIP HOLDER

コクヨのクリップホルダーです。

いわゆる,ふた付きの用箋ばさみです。会社のデスクで仕事をする場合には,クリップホルダーは必要ありません。しかし,一歩外に踏み出して現場で仕事をするにはクリップホルダーが欠かせません。

データの記録や観察のメモなど,現場で筆記する必要性に迫られることは良くあります。私は,普段デスクで使っているノートを持って現場に行ったのですが,大失敗でした。現場には机はありませんので,地べたにノートを置いて筆記するとノートの表面が真っ黒になりました。

他に現場で働いている人を見るとクリップホルダーを使っていました。ここでポイントとなるのは,ふた付きのものを使うことです。これによって,ホルダーに紙を挟んだまま,カバンにしまうことができます。

出張でタイに行ったのですが,帰国した翌日にこのクリップホルダーを購入しました。シンプルに徹したすばらしい製品です。

〔買い物リスト〕

  • コクヨ クリップホルダー,A4,黒 ¥588

051120-01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

NITORI Letter Rack

ニトリのレターラックです。

机上に散乱している手帳やメモパッドを整理するのに便利かなと思って購入しました。紙をPVCのシートで覆って作られた製品ですが,レザーを意識したつくりになっています。3段に分割された中仕切りがあります。

ダークブラウンという色の効果でしょうか,このレターラックを置くだけで,机上がシックな装いとなります。引き出しがなく,机上で頻繁に使うものを簡単に取り出せる上に,ディスプレーにもなるところが気に入っています。

〔買い物リスト〕

  • ニトリ・レターラック,ダークブラウン  ¥499

051118-01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

Nakabayashi Linedex

ナカバヤシのSwing Linedexです。

前回に引き続き,今回の買い物でも新しい発見がありました。本来は,油性のペンを買いに行ったのですが,お目当てのペンはなく,かわりにこのノートを発見・購入しました。

A4サイズのリングノートで,日本製のノートでは珍しく,4穴が穿孔済みです。また,クレルフォンティーヌのノートの様にノートの各ブロックがインデックス付きになっています。紙面は,6mm間隔のB罫が緑色で両面に印刷されています。インデックスは,5山になっていて山ごとに色別されています。ページは,全80枚です。

在庫一掃処分の様で,何と1冊税込み100円でしたので,コレクション用に買ってきました。私は,ノートは5ミリ方眼と決めているのですが,今回は例外として購入しました。とても面白い製品です。

〔買い物リスト〕

  • Nakabayasi Swing Lindex,A4,4穴,カッティングタイプ,インデックス付き,B罫 ¥100(特別価格)

051113-01051113-03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

FILING

ファイリングについて2穴,4穴,30穴の使い分けです。

今まで,ファイリングする際のパンチ穴については,色々と試行錯誤を続けていますが,
現状をまとめて見ました。

2穴)

  • 閲覧の際に紙が破れやすい。
  • バインダー(レバーアーチ)が,比較的手に入りやすい(通販あり)。

  →長期保管用のレバーアーチファイルに使用する。

4穴)

  • 2穴に対して,上位互換がある。紙がしっかりと支えられる。
  • 2穴のパンチで,888のスケールに合わせれば簡単に4穴を穿孔することができる。
  • 穿孔の手間は,2穴とあまり変わらない。→パンチで穿孔する場合は,4穴を基本とする。
  • 4穴穿孔済みのリーフ,リーフノートが手に入る。
  • バインダーが手に入りにくい。

  →プリンターで印刷した紙,4穴のリーフノートに使用する。
  →よく閲覧する書類は,4穴のバインダーを使用する。
  →閲覧の頻度が落ちて長期保管するものは,2穴レバーアーチファイルへ移動。

30穴)

  • 一度に穿孔できる紙の枚数が5枚程度で,穿孔に手間がかかる。
  • マルマンのルーズリーフは,2穴,4穴に上位互換がある。
  • バインダーが手に入りやすい。

  →穿孔されたルーズリーフに手書き,または印刷して使用する。

INPUT系:   4穴(2穴)

OUTPUT系: 4穴(30穴)

30穴の取り扱いが,今のところ不明確ですが,大まかに上記の様な使い分けを考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

SAKURA PIGMA

サクラのピグマ0.1とパイロットのドローイングペン0.1です。

和田さんの書かれた『文房具を楽しく使う(筆記具編)』をぱらぱらとめくって,各ページの写真を見ていると,懐かしいペンを見つけました。サクラ・ピグマです。

今の様に,Hi-Tec-CやSignoなど,極細のゲルインクボールペンが発売になる以前は,極細のペンと言えば,製図用のドローイングペンしかありませでした。私は,大学時代のレポートは,すべて製図用のドローイングペンで書いていました。和田さんの本では,サクラのピグマを紹介していますが,私は手に入りやすいパイロットのドローイングペンを使っていました。

昔はあれほど使ったペンなのに,今は一本も持っていなかったので,昔を思い出そうと,早速文具店に出かけて買ってきました。注意が必要なのは,ペン先を傷めるので,ボールペンと違って筆圧をかけて書くことができないことです。ただし,顔料インクなので,水性インクながら耐水性・対光性に優れる点が気に入っています(※ 私は,書いた後で黄色のマーカーで目印をつけるので,インクの耐水性がペンの絶対条件です)

〔買い物リスト〕

  • SAKURA PIGMA 0.1mm 水性顔料インク,耐水性 ¥210
  • PILOT Drawing Pen 0.1mm 水性顔料インク,耐水性 ¥210

051111-01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/11

文房具を楽しく使う「筆記具編」

『文房具を楽しく使う(筆記具編)』,和田 哲也著,早川書房

会社帰りに本屋に立ち寄って,早速買ってきました。本は,新刊書のところに平積みにされていました。マニアックな本と思っていましたが,結構人気があるようです。

筆記具の話はもちろんですが,写真に写っているノートやバインダーに興味津々です。私は,和田さんの前著で,いわゆる趣味の文房具に目覚めました。それまでも,文房具はちょこちょこと集めていましたが,趣味と意識して集め始めたのは,前著を読んでからです。

これから,お酒でも片手に,中島美嘉を聴きながら,書斎にこもって本を読みます。

正に至福の時間です。

〔買い物リスト〕

  • 『文房具を楽しく使う(筆記具編)』,和田 哲也著,早川書房 ¥1600+TAX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/09

レバーアーチファイル寸法比較

手持ちのレバーアーチファイルについて寸法を比較して見ました。

  • Bantex
    H318 X W285 X D50 mm,フィンガーホール位置:低
    底面保護金具:無,背インデックス:小
  • Esselte
    H320 X W285 X D52 mm,フィンガーホール位置:高
    底面保護金具:有,背インデックス:大
  • Maruman
    H310 X W290 X D50 mm,フィンガーホール位置:低
    底面保護金具:無,背インデックス:中

※寸法は,いずれもカタログ値です。

いずれも,背幅5cmのレバーアーチファイルです。マルマンは,約10mmほど,他の二つと比べて背が低くなります。それ以外の寸法は各社ともほぼ同じで,実際に使ってみても差異は感じません。

  051112-01051112-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

KOKUYO DRAFT PAPER

KOKUYO DRAFT PAPERです。

昨日の休日は,珍しく予定がなかったので,雨の降るなか買い物に出かけました。お気に入りのマルマンの4穴ダブルロックファイルを買い足す予定で文房具店に行きましたが,お目当てのファイルは在庫がなく,取り寄せになるとのことでした。

しかし,別の新しい発見をしました。以前から気にかけていたコクヨのUNIFEELというシリーズで,欲しかったタイプのノートがラインアップに加わっていることを発見し,すぐに購入しました(もちろん,いつもどおりの2冊買いです)

UNIFEELのシリーズは,スタッキングトレー,ペントレー,ファイルボックスなどのラインアップをそろえ,統一したデザインでシリーズ展開されている製品です。デザインもオフィスに似合うシンプルなもので,その内に,そろえたいと考えていました。これまで,ノートなどの紙製品はなかったのですが,いつの間にかシリーズに加えられていました(こんな風に思わぬ発見があると買い物が楽しくなります)

さて,このノートの特徴ですが,長辺の糊綴じ(横糊)になっていて,ページを切り離せるところが特徴です。セクションペーパといえば,普通は短辺の糊とじかステープルとじが一般的です。私は,その昔スイスのELCO社の製品に,この様な横糊のノートがあるのを知って買おうとしたのですが,その時既に製造中止になっていました。その後も,横糊のノートをずっと探していたのですが,案外その様な製品はなく,今回やっと手に入れることができました。

レポートバッドを横にとじただけの様に見えますが,70g/m^2の厚口の紙を使用しており,とてもしっかりしています。もちろんコクヨの製品ですから紙質は最高です。ノート全体のサイズがA4ですが,糊とじなので,切り離してもA4のままです。もちろん,はじめから切り離しを想定しおり,表紙に「Tear off」と記載されています。ページは,80枚と多く,日本製には無い構成の製品で,欧州メーカの製品に共通した仕様になっています。

紙面は,5ミリのセクションでマス目は薄い色のものが,片面にだけ印刷されています(私は,普通のノートでも片面のみ使い,裏面は使いませんので何ら問題ありません)。これで,4穴が穿孔済みであれば,文句なしですが,自由度という面では,穴無しの仕様も後でどの様にでも料理できるという利点があります。

〔買い物リスト〕

  • KOKUYO DRAFT PAPER
                            5mm Sections, A4, 80 sheets, 70g/m^2 ¥367

   0511107-010511107-020511107-03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/06

パイロット Hi-Tec-C coleto

Hi-Tec-C coletoです。

既に,話題になっている様ですが,自分で好きなインクの色を組み合わせて2色のノック式ボールペンにできるものです。ペンのボディーとレフィル(インク)は,別売りになっています。カタログによるとレフィルは,10色あり,0.3ミリと0.4ミリが選べます。

Hi-Tec-Cといえば,極細の時が書けるので,Signoの極細が発売されるまでよく使っていました。ただし,当時はインクのかすれや,インクが出なくなったりすることが多く,その内に使わなくなってSignoに切り替えました。(※ とにかく私は,いざ書こうとする時にインクがでないと非常にいらいらします。だから,かすれ等のインクのトラブルが少ないボールペンを常に探しています。)そんなHi-Tec-Cですが,店頭で試し書きをしてみたところ,案外かすれもなくスラスラ書けたので,改良されたかなと思いつつ,購入しました。

私は,仕事でもプライベートでも黒(またはブルーブラック)以外に,赤と青をよく使います。よって,多色のボールペンとして一本持つだけで済むと便利です。また,極細のもので,多色のボールペン,しかも自分でインクの色が選べるとなれば好都合です。これまでの多色ボールペンは,油性が多く,インク色の組み合わせが私の好みと一致するものがありませんでした。

購入するに際して,問題となったのはインク色の組み合わせです。ボディーにはレフィルを2本セットできますので,ボディを2本買うとすれば4色のレフィルを選ぶ必要があります。黒,赤,青を選ぶと,残り1色が不足します。通常であれば,グリーンを追加するところですが(※ 齋藤 孝氏の三色ボールペン情報活用術でも有名),私はグリーンは使いません。悩んだ挙句に,良く使う色を選ぶことにして,残りの1色は,ブルーブラックにしました。

レフィルのペン先のサイズですが,0.3ミリにすると確かに細かい字は書けますが,紙に引っかかる感じがする様です。0.4ミリであれば,太さと書き心地のバランスが丁度いいようです。

〔買い物リスト〕

  • Hi-Tec-C coleto,本体ボディー 105円
  • Hi-Tec-C coleto,0.4mmレフィル 105円

0511106-01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

マルマン Art Binder A-Z File 背幅5cm

マルマン Art Binder A-Z File 背幅5cmです。

ついに手に入れました(メーカから届いたままの状態で,最小発注単位の2冊がペアで包装された状態です)。以前から背幅5cmのマルマンのレバーアーチファイルが欲しくて,ずっと探していました。これまでのところ,残念ながら8cmのものしか見かけず,手に入りませんでした。また,インターネット通販でも扱われておらず,半ばあきらめていました。

しかし,ある文房具屋さんで,店舗用として使われているものを見て,さらに欲しくなりました。ただ,マルマンのWebページを見ても8cmのものしかなく,製造中心品かも知れないと考えて,すっきりしない日々を過ごしていました。

そこで,いつも行く文房具屋さんに,思い切って取り寄せできるか聞いてみました。その後,返事がなかったのですが,メーカへ注文したとの連絡がありました。そのバインダーを,遂に手にすることができました。

マルマンのバインダーの詳しい説明は,既に過去の記事に記載してあります(cf. 2005-10/11)。今回の注目点は,その値段です。発注単位の関係で,2冊ずつしか注文できませんが(私は何でも二冊買うので問題なし),一冊¥477で購入できました。

以前に紹介したBantex(cf. 2005-9/17)に迫る値段で,このQualityとなれば,Bantexの有力な対抗馬になり得るのではないでしょうか。

〔買い物リスト〕

  • マルマン Art Binder A-Z File,背幅5cm,リング内径φ30mm,¥477

  0511105-010511105-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

ダイソー 日付スタンプ

ダイソー 日付スタンプです。

びっくりしました。本当にダイソーには何でもありますね。値段は,150円(税別)でした。以前に,COLOP Mini-daterを紹介しましたが,これに対応する100円均一製品といえるでしょう。なぜ,今まで無かったのか不思議でしたがついに出た様です。

ファーストインプレッションとしては,いつもながら驚かされるのですが,最近の「100キン」製品は,レベルが高いのです。今回も想像していた以上に「使える」製品でした。日付の切り替えは,多少歯車が硬い様です。ただし,ゴム印バンドが滑って歯車だけ回転するというCOLOP Mini-daterで見られた問題は,全くありませんでした。

COLOP Mini-daterは,月表示が英文(APR, OCTなど)で,赤インキでしたが,こちらは,すべてアラビア数字で,黒インキです。

しばらく使ってみます。

〔買い物リスト〕

  • ダイソー 日付スタンプ,黒インキ ¥150

0511102-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

HSD特製インデックス

HSD特製インデックス(自作)です。

お気に入りの4穴ファイルが見つかったので,以前に作っておいたインデックスをとじてみました。このインデックスは,試行錯誤を繰り返して作ったもので色合いやロゴなどにこだわって作っています。

一番悩んだ部分は,行数をいくつにするかということです。行数を多くすると項目を記載する部分が狭くなります。かといって,行数を少なくすると余白が多くなり不恰好です。そこで,左側に大きく余白をとり,目立つように大きな字で「INDEX」と書いてアクセントにしました。これで,全体のバランスがとれました。

ブログにアップするのに際して多少バージョンアップさせました。

〔自作リスト〕

  • INDEXシート,A4,12項目

  0511103-010511103-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »