« KIESER BLCOK 15C | トップページ | ミニ檸檬 »

2005年10月 2日 (日)

ユニボール ビジョンエリート

三菱ユニボール ビジョンエリートというボールペンです。

この製品の特徴は,「エアプレーンセーフ」機構にあります。飛行機に搭乗した際の気圧変化でもインク漏れが発生しないそうです。飛行機でのインク漏れについては,私も経験がありますが気圧の変化が原因とは知りませんでした。私は,温度変化でなったものと考えていました。

ビジョンエリートには,ボール径が0.5mmと0.8mmのものがあります。0.8mmのものはペン自体が白で,印象的なデザインです。私は,細字や極細字が好きなので,こげ茶色の外観をもつ0.5mmのものを購入しました。ビジョンエリートには,水性ゲルインキが使われており,同じユニボールのシグノと比較すると書き味は滑らかです。ただし,0.5mmでは手帳等に細かい字が書けませんので,私がメインで使っているのは,シグノの方です。

また,私はペンを買うときに,ブラックまたはブルーブラックとあわせて,必ず赤と青を同時に買います。ビジョンエリートのカラーのラインアップは,黒,赤,ブルーブラックの三色で,シグノの様に青がありません。

今,私はビジョンエリートのブルーブラックを使用しています。もちろん,メインで使用しているシグノも黒のかわりとして,ブルーブラックを使っています。私がブルーブラックという色を知ったのは,高校生の時です。父親からもらったモンブランの万年筆にブルーブラックのカートリッジを入れて使っていました。当時,ブラックでもブルーでもないブルーブラックを使うことで,大人になった気分に浸ったものです。それ以降,ブルーブラックという色がとても好きになりました。

私のペンの色の使い分けは,オーソドックスなものです。赤は,書類の修正点と重要項目の記載に使います。青は,印象に残った点と参考情報の記載に使います。ちなみに海外では,青のインクはオリジナルの書類を意味し,測定データやサインの記入には,黒以外の青を使用します。こうすることで,コピーかオリジナルかが判別できるようにするのです。これは,書類の整理を考えてのことで,日本では赤のスタンプを押すのと同じ種類の行為の様です。

051002-01

|

« KIESER BLCOK 15C | トップページ | ミニ檸檬 »

コメント

初めまして。
いつも文房具に関する情報を楽しみながら読ませてもらっております。

さて、私は最近 青いインクで文字を書くのが好きになったのですが、それっていうのもただ”カッコイイから”という理由だけでしたが、オリジナルとコピーを判別するためという理由があるとは知りませんでした。

いやぁ、大変勉強になりました。
今度会社で大いばりでウンチクを垂れる事が出来ます。ありがとうございます。

投稿: 極私的視点管理人 | 2005年10月 2日 (日) 23時05分

極私的視点管理人様

コメントありがとうございます。海外出張に出ておりましたので,お返事が遅くなりました。

最近シグノをお使いの様ですが,私と同じ考えを持っていただける人がいると嬉しく思います。ブルーも素敵ですが,ブルーブラックもぜひお試しください。

投稿: HSD by technica | 2005年10月 8日 (土) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニボール ビジョンエリート:

« KIESER BLCOK 15C | トップページ | ミニ檸檬 »