« メモック伝言専用ロールテープ | トップページ | ほぼ日手帳2006 »

2005/08/28

ファイリング術,一件一葉

最近ファイリングの本をよく読みます。

その中で,重要と思われる事項が次の三点ではないかと考えています。

1. 一件一葉: 一つの紙には,一つの情報を記載する。
2. 表 題:   後で検索・分類出来る様に,必ず表題をつける。 
3. 日 付:   情報を記載した日付を記録する。

すでに,「知的生産の技術」という本で述べられている様ですが,単純かつ重要な事項と認識しています。これまで,ノートは裏表を使用していましたが,最近は「一件一葉」を実践すべく,見開きの右側だけ使用しています。普段使用しているノートは,ミシン目付きのリングノートですから,右側だけ使用すれば,後で切り離して整理するときに便利です。また,リングノートの左側は,リングが邪魔をして書きにくい場合があるので(私の場合は気になりませんが),この方法は,リングノートにおいて特に有効です。

最初は,「紙が無駄」と考えていましたが,ある本に「紙のコスト」より,「情報を探す時間のコストの方が大事」と書いてあるのを見て,考えを改めました。私の基本的な考えは,お金を払って時間が稼げるなら,惜しむことなくお金を払うことです。この場合は,時間がお金で買える訳です。

ノートの「一件一葉」の使い方,まだまだ始めたばかりですが,なかなか快適です。

|

« メモック伝言専用ロールテープ | トップページ | ほぼ日手帳2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイリング術,一件一葉:

« メモック伝言専用ロールテープ | トップページ | ほぼ日手帳2006 »