2019年4月21日 (日)

ANAショッピングで夢空ビールバラエティ6本セット3種類を注文してみた

ANAマイルの有効期限が近づいてきたので、ANAショッピング A-style でビールを注文してみました。

19042101

カバンや時計などのグッズは必要な時に買わないと家の中のモノが増えるだけなので、消費すればなくなる、食品やお酒を注文します。

最近は、美味しいビールがマイブームなので、試したことのないビールを注文しました。

19042102

今回注文したのは、ANAショッピング限定ラベルの「夢空ビールバラエティ6本セット3種類」です。

製造元は、鹿児島の霧島高原ビール。フルーティな香りの「ケルシュ」、淡色系ビールの「ブロンド」、黒ビールタイプの「ガーネット」、合計3種類の飲み比べが楽しめるセットです。

19042103

自分の好みにあうのは「ケルシュ」だろうと予想していたのですが、意外にも一番は黒ビールタイプの「ガーネット」でした。

330mLという手頃なサイズなので、飲み比べをするのにちょうどいい分量になっています。お値段もお手頃なので、いつもと違うビールを試してみたい方におすすめです。

■関連リンク

ANAショッピング A-style

【買い物メモ】
ANAショッピング限定ラベル 夢空ビールバラエティ6本セット3種類
容量: 250g (豆)
購入価格: \3,800(税込)
購入場所: ANAショッピング A-style

|

2019年4月20日 (土)

スターバックス エルサルバドル パカマラ 朝のコーヒーにちょうど良い

休日のお楽しみは、朝食と一緒に楽しむ本格的なコーヒーです。

我が家には、パナソニックのコーヒーメーカー NC-A56-K があるので、豆から淹れたおいしコーヒーを飲むことができます。

最近は、先月スターバックスで買ったエルサルバドル産の”パカマラ”という豆のコーヒーを飲んでいます。これは、レギュラー商品ではなく、シーズン商品のようです。

19042001

先月のことですが、コーヒー豆のストックが切れたので、買い物に出たついでにスターバックスでコーヒー豆を買うことにします。

私は味が濃くて苦味の強い”カフェ ベロナ”が好きなのですが、店員さんがちょうどシーズン商品で売出し中の”パカマラ”を試飲させてくれました。

あっさりとした味わいのコーヒーで、少し物足りない印象があったのですが、モーニングコーヒーにはちょうど良さそうので、勧められるままに買うことにしました。

19042002

4月に入ってから毎週末にこの”パカマラ”を飲んでいますが、すきっりとした味わいで大正解でした。苦味が少なく飲みやすいので、すぐにお代わりが欲しくなります。

ちょっとゆっくり時間が流れる休日の朝は、香りのよいすっきりとした味わいのコーヒー”スターバックス
パカマラ”がおすすめです。

■ 関連リンク

スターバックス

■ 関連記事

パナソニック コーヒーメーカー NC-A56-K を買ってみた (2018/1/20)

【買い物メモ】
スターバックス シングルオリジンシリーズ
エルサルバドル モンテカルロス エステート パカマラ
容量: 250g (豆)
購入価格: \1,520 (税別)
購入場所: スターバックス

 

|

2019年4月14日 (日)

Larry Carlton のサウンドシステム

Mr. 335 ことLarry Carlton (ラリー・カールトン) のサウンドシステムを調べてみましたので、ご紹介します。

● Larry Carlton のサウンドシステム
ギター用マルチエフェクター Line 6 Helix LT を手に入れたので、アンプやコンパクトエフェクターを買いそろえなくてもサウンドメイキングができるようになりました。

さっそく何か自分でもセットを作ってみようと思い、まずは大好きな Larry Carlton (ラリー・カールトン) のサウンドシステムを調べて参考にすることにします。

インターネット上の情報に加えて、ムック本『レジェンダリー・ギタリスト 特集●ラリー・カールトン』と雑誌『Guitar magazine 2019年 4月号』の記事も参考にしました。

最近の Larry Carlton は、コンパクトエフェクターを使用してモノラルで出力するというシンプルな構成を使っているようです。ただし、以前に使用していたラックシステムとステレオ出力のセットもユニークなので、両方とも調べてみます。

● ラックとステレオ
まずは、2009年または2015年のサウンドシステムからチェックしていきます。

使用ギターは、Mr. 335 のトレードマークである GIBSON ES-335TD です。

ギターの出力は、ボリュームペダルとワウを経由してオーバードライブからアンプに接続されています。

アンプのドライ音をマイクで拾った音は、エフェクターラックに送られ、コーラス、ディレイ、リバーブを経由して16チャンネルのミキサーからステレオ出力用モニタースピーカーに接続されます。

アンプ出力のドライ音とラックエフェクターで処理したウエット音をミックスして使用するのは、レコーディングスタジオと同じやり方。数多くのスタジオワークをこなしてきた Larry Carlton らしいサウンドシステムだと思います。

● コンパクトエフェクターとモノラル
次に、ごく最近のサウンドシステムを少し詳しくチェックします。

使用ギターは、GIBSON ES-335TD です。

エフェクターは、ギター側からアンプ側への接続順に
Tonehunter/Blue Line Over Drive (オーバードライブ)、
ERNIE BALL/VP Jr. 250K (ボリュームペダル)、
JIM DUNLOP/Cry Baby 95Q Wah (ワウペダル)、
FREE THE TONE/Tri Avatar TA-1H (コーラス)、
Providence/Chrono delay DLY-4、
FREE THE TONE/Ambi Space AS-1R (リバーブ)。

ギターアンプは、Bludotone 製の Bludo Drive Amplifier で、1×12インチスピーカーを搭載した同じく Bludotone 製の スピーカーキャビネットに接続されています。

スタンダードな構成のサウンドシステムですが、極めれば最後は基本に戻るということかも知れません。

■ 関連リンク
Rig Rundown: Larry Carlton | PREMIER Guitar

■ 関連記事
レジェンダリー・ギタリスト 特集●ラリー・カールトン (2018/03/18)

Guitar magazine 2019年4月号 カッティング・ギターの名手たち (2019/03/23)

Line 6 Helix LT ギタープロセッサーを買いました (2019/1/5)

 

|

2019年4月13日 (土)

YOUNG GUITAR 2019年5月号 特集ジム・ダンロップ

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年5月号の巻頭特集は、”Jim Dunlopの開拓精神”です。

今月は、珍しくギタリストではない方が特殊されています。Jim Dunlop (ジム・ダンロップ) と言えば、まずワウを連想する方が多いと思います。

Jim Dunlop の製品群は非常にカバーする範囲が広く、MXR のエフェクターはもちろん、カポやピック、ポリッシュなど、アクセサリ小物からメンテナンスグッズまで、幅広くそろえています。

19041701

特に MXR のラインナップ紹介はとても貴重な内容になっています。うれしいことに Eddy Van Halen (エディー・ヴァン・ヘイレン) も MXR エフェクターの使用で有名なので、往年の名曲「You Really Got Me」がスコアで取り上げられています。

Web連動動画の記事では、最近新しいバンドを結成した George Lynch (ジョージ・リンチ) が取り上げられています。本人のインタビュー記事に加えて、楽譜付きの本人の演奏解説動画はファンにはたまらない内容です。

機材紹介の記事では、2019年の NAMM SHOW (国際楽器見本市) で話題となった Line 6 Relay G10S が登場しています。Realy G10S は前から欲しいと思っていたので、今回の記事がとても参考になりました。

今回はAmazonで予約注文。発売日にポスト投函で受け取りました。やはりAmazonは配達が速いですね。

■ 関連リンク

ヤング・ギター 公式ウェブサイト

【参考データ】
YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2019年5月号
巻頭特集: ジム・ダンロップ
スコア:
  Moth Into Flame/METALLICA
  You Really Got Me/Van Halen
  Lightning Strike/JUDAS PRIEST
出版社: シンコーミュージック (2019/4/10)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: Anazon

 

 

|

2019年4月 7日 (日)

ゴトーのギターパーツ、SG381MG と VK1-18 を買いました

ゴトーのギターパーツ、ペグ SG381MG-07 と ボリュームノブ VK1-18 を買いました。

● GWの予定
今年のゴールデンウイーク (GW) は、10連休という大型連休です。旅行に行くにしても混雑が予想されるので、日帰りでちょっと出かける程度になりそうです。

せっかくの大型連休なので、普段なかなかできないことをしようと考えています。ここで大切なのは、あらかじめ計画を立てておくこと。私は、いつも長期休暇の時は、Evernote にやることや出かける先などの予定を書いて計画しています。

今年のGWは、持っているエレキギターに少し手を加えること計画しています。

● ギターパーツを購入
手を加えると言ってもパーツを交換するだけなのですが、なかなか重い腰が上がりません。そこで、まずは事前にパーツをそろえておくことにしました。

楽天市場で購入したは、ゴトーのギターパーツで、ペグ SG381MG-07 と ボリュームノブ VK1-18 です。どちらもオリジナルパーツと互換性があるので、作業は簡単な部品交換だけで済みそうです。

19040701

19040702

19040703

● あとがき
新しい年号の「令和」が4月1日に発表されました。最初に聞いたときは、少し違和感があったのですが、一週間もすると徐々に慣れてきました。なぜか少し期待感があります。

■ 関連リンク

G-GOTOH 後藤ガット有限会社 | String Instruments Parts

【買い物リスト】
GOTOH SG381MG-07/C/L6
ゴトー ペグ マグナムロック クローム 片側6個セット
購入価格: ¥5,790 (税込) + ¥580 (送料)
購入場所: Ebi Soundオンラインショップ 楽天市場

GOTOH VK1-18-C
ゴトー ボリュームノブ φ18 mm クローム
購入価格: ¥1,512 (税込、単価¥756 x 2個)
購入場所: chuya-online 楽天市場店

 

|

2019年4月 6日 (土)

Kid Charlemagne / Steely Dan が最近のお気に入り

このところ Steely Dan (スティーリー・ダン) の 「Kid Charlemagne (キッド・シャールメイン)」がお気に入りで良く聴いています。

「Kid Charlemagne」は、Steely Dan の 1976年のアルバム『The Royal Scam』に収録されている曲です。ジャズとロックが融合したフュージョンというジャンルにぴったり当てはまるノリの良い曲です。

リードギターは、若かりし頃の Larry Carlton (ラリー・カールトン) がプレイしています。ソロとアウトロのギターはとにかくカッコいい。 Larry Carlton のソロの中でもベストテイクに入る演奏です。

YouTube で検索すれば、演奏動画やレッスン動画がいくつもヒットします。Guitar magazine 2019年4月号には、ギターソロ部分だけなくアウトロのギタースコアが掲載されています。

YouTube の動画では、細かい部分で少しアレンジを変えていますが、Tom Quayle (トム・クエイル) の演奏がおすすめです。Tom Quayle は左手のフィンガリングの美しさがとにかくすごい。レガート奏法の達人としてよく知られていますが、無駄のないフィンガリングがぜひとも参考にしたいところです。

 

 

Tom Quayle は、あまりビブラートを多用するスタイルではないのですが、「Kid Charlemagne」の演奏では、大きなビブラートを強調したスタイルで演奏されています。

■ 関連記事

Guitar magazine 2019年4月号 カッティング・ギターの名手たち (2019/3/23)

 

|

2019年3月31日 (日)

リッツ ベイクドチップス ソルト&ブラックペッパー 販売開始

パリッとしたリッツが2019年3月18日に登場するという情報をキャッチしました。

19033101

コンビニやスーパーの店頭では見かけることが無かったのですが、昨日やっとホームセンターで見つけました。

「リッツ ベイクドチップス ソルト&ブラックペッパー」は、アメリカでは「クリスプ&シン」として販売されています。

アメリカで食べた時にとても美味しかったので、お土産に買って帰るほど気に入ったチップス。パリッとした新食感のチップスが日本でも遂に発売開始です。

アメリカでは、ファミリーサイズの大袋があって、フレーバーも数種類あるのですが、日本では、小袋サイズのみフレーバーも1種類だけです。

日本で販売されるソルト&ブラックペッパーは、少し大人向けの味付け。ビールのおつまみとしてよく合います。

とくにかくパリッとした食感がくせになるチップス。油で揚げていないので、ヘルシーなのもうれしいところ。もう少し大きなサイズが欲しいところです。

■ 関連リンク

リッツブランドサイト

■ 関連記事

RITZ CRISP&THINS 米国限定,ノンフライのヘルシーなリッツ (2018/10/7)

【買い物リスト】
リッツ ベイクドチップス ソルト&ブラックペッパー
RITZ BAKD CHIPS SEA SALT & BALCK PEPPER
容量: 35g
購入価格: ¥194 (税込)
購入場所: DCMダイキ

 

|

2019年3月30日 (土)

2019年3月、所有するギターのまとめ

19033001

3月最後の週末ということで、本来ならお花見に絶好の時期。ところが、残念なことに今日はあいにくの空模様です。しかたがないので、家でおとなしくギターを弾くことにします。

年度末にあわせて、久しぶりに所有するギターをまとめてみました。

● 所有するギター

2019年1月に新しくギター1本を購入したので、2019年3月時点での所有するギターの本数は全部で6本です。これとは別に YAMAHA SA-2000S も持っていますが、これは30年以上も前に購入したもので、現在では完全にコレクションとして持っているギターです。

手に入れた順に所有するギターを並べてみました。

  • FUJIGEN Expert OS/AH TR (Trans Red)

フジゲン FUJIGEN EXPERT OS/AH Transparenet Red を買いました (購入編) (2016/6/25)

  • Suhr Classic Pro Metallic SSH LPB (Lake Placid Blue)

サー Suhr Classic Pro Metallic SSH Lake Placid Blue を買いました (開封編) (2016/7/25)

  • FUJIGEN Expert ELAB EEL-FM-TR BCS (Black Cherry Sunburst)

フジゲン FUJIGEN/FGN EXPERT ELAN EEL-FM-TR BCS を買いました (開封編) (2016/12/3)

  • Suhr Modern Satin HSH 510 BS (Black Satin)

サー Suhr Modern Satin HSH 510 BS を買いました(購入編)(2017/08/11)

  • Ibanez j.custom RG8570Z AGT (Almandite Garnet)

アイバニーズ Ibanez j.custom RG8570Z を買いました(購入編)(2018/5/12)

  • Ibanez Prestige RG657MSK STB (Sunset Burst)

アイバニーズ Ibanez Prestige RG657MSK を買いました(購入編) (2019/1/19)

メーカー別でみると、Fujigen、Suhr、Ibanez とそれぞれ2本ずつの構成になっています。

● ギターのローテーション

所有するギターは、どれも平均的に使えるように一か月単位でローテーションさせています。2018年までは4本のギターを3か月サイクルでローテーションしていたのですが、2019年にギターが増えたので、これからは2か月で1サイクルにする予定です。

【ギターのローテーション】

4月、10月 FUJIGEN Expert OS/AH
5月、11月 Suhr Classic Pro Metallic SSH
6月、12月 FUJIGEN/FGN Expert ELAN EEL-FM-TR
7月、1月  Suhr Modern Satin HSH 510
8月、2月  Ibanez j.custom RG8570Z
9月、3月  Ibanez Prestige RG657MSK

● ギターの好みは変化する

かつてはハムバッカーこそピックアップと思っていたので、シングルコイルのギターは選択肢にありませんでした。その後、シングルコイルにも良い点があることが分かってきたので、SSHのギターを手に入れました。

フィンガーボードも初めて手にしたギターがローズ指板のアコースティックだったこともあり、メイプルには抵抗がありました。その後、バーズアイメイプルのすばらしいギターに出会って、考え方が変わりました。

ブリッジはシンクロナイズトレモロが好みで、ダブルロックトレモロは苦手意識がありました。しかし、こちらも実際に手に入れてみるとすぐに好きになりました。何と言ってもチューニングの安定性は抜群の利便性があります。

ボディフィニッシュも初めは杢目の見えない塗りつぶしカラーが好きだったのですが、最近はむしろ杢目の見えるものが好みになっています。次は、ぜひともキルトメイプルの杢目がきれいなギターが欲しいと思っています。

■ 関連リンク

デジマート|楽器と音楽機材専門の検索&総合情報サイト

■ 関連記事

2018年8月、所有しているギターの状況を整理しました (2018/8/5)

いつの間にかエレキギターの数が増えていた (2017/4/25)

 

|

2019年3月24日 (日)

Ibanez j.custom RG8570Z | Guitar of March 2019

 

19032401
19032402_1
19032403
19032404
19032405

Ibanez j.custom RG8570Z-AGT (Almandite Garnet) 2018 model | AAA flamed maple body top | Mahogany body back | Almandite Garnet gloss top finish | Natural wood body top binding | Natual gloss back finish | Bolt-on neck joint | 5-ply Maple/Wenge neck | Rosewood fingerboard | 430 mm [17"] radius | 648 mm [25.5"] scale length | 24 jumbo frets with j.custom fret edge treatment| Flamed maple neck binding | Tree of life position inlay | DiMarzio Air Norton, DiMarzio True Velvet, DiMarzio The Tone Zone, H-S-H pickup configuration | Volume and Tone control | 5-way pickup selector switch | Metal dome type knobs | Edge-Zero tremolo bridge w/ZPS3 (Zero-Point System) | GOTOH SG381 tuning machine | Barless top lock nut | D'Addario EXL120 (09-042) strings | Cosmo black hardware | Hardshell Case, Multi Tool, Gotoh Strap Locks, Certificate of Authenticity | Made in Japan

Street price JPY 283,500 (tax included) | Date of purchase 2018/5/2

|

2019年3月23日 (土)

Guitar magazine 2019年4月号 カッティング・ギターの名手たち

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号の巻頭特集は、”シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち。”です。

19032301

久しぶりにギターマガジン (GM) を買いました。今回の特集は”カッティング”ということで、名曲「Sparkle」のスコアが収録されているので、これだけでも買う価値があります。

巻頭特集に隠れていますが、LARRY CARLTON (ラリー・カールトン) の特集も大注目です。”LARRY CARLTON IN THE STUDIO”と題して、歴史に残るラリー・カールトンの名仕事が紹介されています。

2018年11月の来日公演時のインタビューでは、かつてのスタジオワークに対するエピソードなどが語られています。来日公演時の最新機材も写真付きで紹介。代名詞ともいえる愛用のギターはもちろん、エフェクターのペダルボードも写真に収められています。

そして、ラリー・カールトンのファンならぜひとも欲しい、スタジオワーク時代の名ソロのギタースコアを解説付きで収録。ソロ作品のスコアは入手が可能ですが、スタジオワーク時代のギターソロ・スコアはとても珍しい貴重品です。

今回収録されているのは、Crusaders (クルセダーズ) 時代の名演「Spiral」でのギターソロ部分と Steely Dan (スティーリー・ダン) の「Kid Charlemagne (キッド・シャールメイン)」の中間部およびアウトロのソロです。ちょうど、「Kid Charlemagne」のギターソロ部分を練習しようと思っていたので、とてもタイムリーな内容でした。

今回は雑誌の内容を確認してから買いたかったので、久しぶりに本屋さんの実店舗で購入しました。

■ 関連リンク

ギター・マガジン| リットーミュージック

■ 関連記事

レジェンダリー・ギタリスト 特集●ラリー・カールトン (2018/3/18)

参考データ】
Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号
巻頭特集: シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち。
スコア:  Sparkle/山下達郎
  ようこそ輝く時間へ/松任谷由実
  TOWN/吉田美奈子
  薔薇と野獣/ティン・パン・アレー
  DOWN TOWN/シュガー・ベイブ
出版社: リットーミュージック (2019/3/13)
購入価格: ¥980 (税込)
購入場所: ジュンク堂明石店

|

«YOUNG GUITAR 2019年4月号 特集イングヴェイ・マルムスティーン